トップ

妊娠初期のおりもの

妊娠初期のおりものの変化

妊娠初期のおりものとは

妊娠のごく初期の段階では検査薬の判定も出来ず、落ち着かない時間を過ごす人も多いことでしょう。早く知りたいけど、判定が可能な時期になるまではジッと我慢しなくてはなりません。「体調がいつもの生理前とはちょっと違う」「おりものが増えたように感じる」そんな場合は妊娠の可能性も高くなります。おりものの状態や変化などでもチェック出来る妊娠の兆候。妊娠初期についての正しい情報ならこちらがおすすめです。

妊娠初期のおりものは、どんな特徴を持っているのでしょうか。もちろん個人差があることなので全ての人に当てはまる訳ではありませんが、ひとつの目安として見ていきましょう。
妊娠初期のおりものの色はクリーム色から黄色っぽいことが多く、中には茶色に近いという人もいます。においは無臭もしくはやや酸っぱい感じで、状態はサラサラしたもの、もしくは少しべたつく程度とされています。

おりものの変化で一番気を付けておきたいのは色。赤やピンクといった色が混じる場合は出血していることが考えられます。同時に腹痛や腹部の強い張りを感じる場合は産婦人科を受診しましょう。

妊娠前よりおりものの量が増えたと感じる人は7割以上。それまでは使ったことがなかった「おりものシート」が手離せなくなったという人も少なくありません。ではなぜ妊娠するとおりものが増えるのでしょうか。受精卵が着床すると、母体は細菌などから胎児を守ろうとしておりもので防御するように出来ています。また妊娠したことで女性ホルモン「エストロゲン」の分泌が増え、それによっておりものの量も増加するのです。

おりものの違いだけでは良く分からないという人は、おっぱいの張り、吐き気、強い眠気、味覚の変化、においに敏感になるなどといった症状がないかどうかも目安になります。基礎体温を付けていれば、高温期が続くことで妊娠の可能性が高くなります。